ベルガモット

イタリアで広く栽培されるベルガモットは、脂性肌の治療に理想的で、その独特な柑橘系の香りが気持ちを高揚させます。

オレンジとレモンの交配種であるベルガモットは、最初にそれが売られていたイタリアのロンバルディア州にあるベルガモという都市にその名を因んでいます。紅茶のアールグレイに使われるフレーバーとして親しまれています。

特長
天然の虫よけ剤であるベルガモットは、消化を助け、ストレスを和らげ、傷を癒します。殺菌力があり、ニキビや脂性肌を改善します。香りの強いこの柑橘系フルーツは、高揚感あふれる香りで気分を高めるとともに感覚をリラックスさせます。
ヒストリー
アジアの熱帯地域でも生産されるベルガモットは、イタリア南部で広く栽培されています。イタリアの民間療法ではこの柑橘系フルーツが、解熱剤として利用されてきました。
起源
イタリア
トップへ