クレメンタイン

光沢のある皮と濃いオレンジの色合いで知られるクレメンタインは、柑橘類の中でも珠玉のフルーツです。栄養価や抗酸化作用に優れ、身体をフリーラジカルから守ります。

概して甘く種のないクレメンタインは、地中海の柑橘類と甘いオレンジとの交配種で、「クリスマスオレンジ」、または「種なしタンジェリン」などと呼ばれることもあります。

特長
クレメンタインは抗酸化作用とビタミンCが豊富で、フリーラジカルによるダメージを防ぎ、免疫力を高め、消化作用を助けます。疲労をとり除く作用があり、高い香りがストレスを和らげ、心身を活性化させます。 抗菌作用があり、コラーゲンの生成を助け、吹き出物を予防し、髪に潤いを与えます。
ヒストリー
クレメンタインは、クレメント・ロディエール神父が、アルジェアにある自分の孤児院の庭で偶発的な交配種を初めて発見したとの説が一般的です。しかしながら、広東のマンダリンに全く同じ外見のものがあることから、それ以前に中国で発祥したともいわれています。
起源
イタリア
トップへ