ユーカリ

オーストラリアでよく見られるユーカリは、そのさわやかな香りで意識を高揚させ、炎症を抑えます。

ユーカリ(ユーカリプタス)の名は「よく覆われた」という意味で、開く前の花の蕾が小さな帽子なようなもので覆われていることを指しています。世界で最も成長が早い木に属し、独特のさわやかな香りがすることから、香水や化粧品の重要な成分となります。

特長
殺菌や抗菌作用のあるユーカリは、気持ちを高揚させるとされるさわやかな良い香りが特徴です。辺りに清々しい良い香りを発散させるユーカリには、呼吸器の問題を改善する作用もあり、一般的な風邪の症状を和らげ、アロマテラピーにも使われます。
ヒストリー
起源を3500万から5000万年前に遡り、オーストラリアの原住民は今でもユーカリをいろいろな用途に使っています。葉や根はさまざまな薬として活用し、マラリアの発生する地域の湿地帯にユーカリを植えることで土壌を浄化しています。
起源
中国
トップへ