ガランガル

「シャムのジンジャー」として知られる抗酸化作用の強いガランガルは、主に東南アジアに見られ、風味づけのスパイスとしてさまざまな料理に使われます。

外見はジンジャーのようで、風味もいく分似ているカランガルは、東南アジア、中国、インド、バングラデシュで広く栽培されています。アジア料理に使われるほか、ヨーロッパのある著名なハーブ研究家はカランガルを、消化不良、心臓病、難聴などの治療薬として使いました。

特長
アジア料理、リキュール、ビネガーなどの風味づけに使われるガランガルは、代替医療にも使われ、消化を助長し、胃の不快感を和らげ、吐き気や乗り物酔いを抑えます。その強い殺菌効果は、ニキビのない清潔でなめらかな皮膚を保つのに役立ちます。
ヒストリー
中国やジャワで収穫されたのが始まりのガランガルは、中世にはヨーロッパで広く使われるようになりました。またガランガルの根茎は、ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』の中で「カヤツリグサ」として登場しました。
起源
トップへ