ジンジャー

アジア料理や代替医療によく使われるジンジャー(ショウガ)は、実にさまざまな健康効果や美容効果をもたらします。

何世紀にもわたりからだを温めるスパイスとしてアジア料理に使われてきたジンジャーは、ターメリック、ガランガル、カルダモンと同じ科に属します。世界で最も広く栽培されるハーブで、その薬効は高く評価されています。

特長
からだを温める香辛料として知られる香り高くスパイシーな根茎は、消化を助け、腹部の膨満感や疝痛を改善します。また、ジンジャーの強い抗酸化作用は肌の老化を予防し、傷跡を目立たなくし、トーンを整えて弾力を高めます。
ヒストリー
ジンジャーの歴史は、インド人や中国人が万病治療のルーツだと考えられていた5000年前に遡ります。東南アジアを原産とするジンジャーは、多くの国で広く栽培されています。
起源
トップへ