ジャスミン

東洋の主要産物であり、パンピューリのシグネチャーの原料でもあるジャスミンは、夜に花を咲かせ、豪奢で寓話がたくさん語られる優美な花です。

貴重なジャスミンは、心温まるリッチな花の香りを醸します。デリケートな白い花や、夜に放つ酔いしれそうなその香りは、愛とロマンスを連想させ、鎮静効果をもちます。

特長
ジャスミンは気分を高揚させ、強さと自信をもたらします。エイジングケアとしてスキンケアにも使われ、デリケートなジャスミンの花は皮膚を癒して弾力を高めます。
ヒストリー
ジャスミンの原産地はペルシアですが、中国で1700年にわたり栽培されてきました。宋の時代(紀元960~1270年)のある王は、宮廷の敷地に芳しいその花を敷き詰めて香りを楽しんだといわれています。
起源
インド
トップへ