ラベンダー

ラベンダーの花のさまざまな色合いから名づけられたこの香り高いハーブは、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、地中海の至るところで見られます。
*有機栽培保証

世話いらずで水枯れにも強いラベンダーは、さわやかながらリラックスさせる香りと、アロマテラピーとしても評価されています。極めて実用的なこの花は、化粧品、薬、料理などに使われます。

特長
極めて用途の広いラベンダーは、心を鎮静させたり、リラックスを促します。心身を落ち着かせ、快眠をサポートし、ストレスを和らげます。また火傷や傷、にきび、虫刺されなどの患部の治療薬としても使われます。
ヒストリー
古代エジプト人は、2500年ものあいだラベンダーを使っていました。香り高いこの花は、料理や遺体防腐処理に使われたり、お風呂やベッド、衣服、髪に、そのリラックス作用のある香りが使われたりしました。
起源
ブルガリア
トップへ