レモングラス

スリランカ料理やタイ料理に欠かせない風味のレモングラスとそのかすかなシトラスの香りは、世界中で愛されています。

レモングラスは、さわやかな柑橘系と土臭さとを合わせたような香りを放ちます。天然の虫よけ効果があり、料理だけでなく、空間を飾りながら香りを立たせるような使い方もされます。

特長
縦に長く伸びるレモングラスは、料理やお茶や、薬草療法の材料となります。その精油は、香水や化粧品に使われます。不快な臭いを隠してさわやかに香るこのハーブは、感覚を活性化し、疲れたからだや心を回復させ、時差ぼけも吹き飛ばしてしまいます。
ヒストリー
インドやスリランカが原産のレモングラスは、フィリピンではすでに17世紀に、輸出用に蒸留して精油が作られていたことが知られています。この植物は1799年にはジャマイカに持ち込まれました。
起源
タイ
トップへ