マンダリン

日本、インド、東インド諸島、フィリピンでふんだんに栽培されているマンダリンオレンジは、さわやかな甘い香りをしています。

柑橘系フルーツのなかで最も甘く香るマンダリンは、はつらつとした風味よい香りをもちます。栄養価が高く抗酸化作用があることから、その精油は、風味付けやスキンケアの成分として使われます。

特長
ビタミンCその他の栄養素がたっぷりのマンダリンは、気力を高め、ストレスを緩和します。この柑橘系フルーツは、果物として食べても精油として塗っても、肌に良い効果をもたらします。マンダリンの抗酸化作用で肌のつやは増し、トーンが明るくなり、しわや吹き出物といった肌の老化サインを緩和します。
ヒストリー
原産地が中国とされるマンダリンの栽培の歴史は、4000年に及びます。この甘い柑橘系フルーツは19世紀初頭に、西方へと伝えられました。
起源
中国
トップへ