ミント

古くからあるこのハーブは、風味と栄養素にあふれ、古代から料理や薬、香料として使われてきました。

スペアミントとウォーターミントの天然交配種であると信じられているペパーミントの原産地は、北アフリカや地中海とされています。風味づけとして好まれ、多くの製品にこのひんやりとしたリラックス効果のあるハーブが使われています。

特長
ペパーミントの健康面でのすぐれた効果は、アロマテラピーや、塗付用、飲用に使われることで明らかです。そのすがすがしい香りは気分を爽快にし、ストレスを和らげてくれるとともに、消化を助け、鼻づまりや吐き気を緩和します。
ヒストリー
ペパーミントの栽培の歴史は古く、紀元前1600年から料理や薬草に使われていたことが知られています。ペパーミントの乾燥した葉が、放射性炭素から紀元前1000年のものと導き出されたピラミッドで発見されました。
起源
インド
トップへ