オリーブ

野菜ではなくフルーツとみなされるオリーブは、西アジアや地中海沿岸の原産です。生命、復活、平和を象徴します。

食用にする前に加工処理を施すオリーブはふつう、ピクルスにしたり塩水に漬けたりします。オリーブオイルはよりヘルシーで繊細な風味をもちます。

特長
オリーブは老化の兆候を緩め、免疫力を高めてフリーラジカルを抑制することが知られています。天然の抗酸化効果があり、小じわやしわを防いで肌を再生することから、化粧品やスキンケア製品に広く使われます。
ヒストリー
考古学上の発見によれば、オリーブは紀元前2500年からクレタ島で栽培されていたということです。古代ギリシアの最初のアイシャドウは、オリーブオイルと炭とを調合して作られました。古代ローマの女性たちも日焼け予防のために、オリーブオイルを肌や髪に塗っていました。
起源
トップへ