ローズ

インド、ペルシャ、オスマン帝国に起源をもつこのロマンスと憧れの象徴は、華々しく愛され続けています。

東洋原産ながら世界の至るところで栽培されるバラは、その優美な香りの癒し効果や、花の色と形などから尊ばれています。

特長
バラは、心身を高揚させ、ストレス症状を和らげるとともに、幸せや喜びや愛の感情を呼び起こしてくれます。抗炎症作用があり、乾燥肌や化膿した皮膚を癒し、肌の調子を整え、強くしてくれます。
ヒストリー
化石から明らかになった事実では、バラは3500万年前からありました。5000年前にはバラの花が庭で栽培されるようになり、ローマ時代には広く中東で栽培されるようになったといわれています。祝典で花吹雪に使われたり、香水の元となったり、薬用に使われたりしました。
起源
ブルガリア
トップへ