バニラ

マダガスカル北東部の、ヴォエマル、サンバヴァ、アンタラハ、アンダパ近くのサヴァ海岸で栽培されるバニラは極上で異国情緒を感じさせます。
*有機栽培保証

バニラには濃厚でクリーミーなコクと甘いバターのような香りがあります。製造するのに大変な労力がかかるため、サフランに次いで高価なスパイスになります。

特長
強い抗酸化作用をもつバニラは、フリーラジカルや毒素を防ぐ働きをします。甘い香りは気持ちを高揚させ、神経を鎮めて安眠を促します。
ヒストリー
マダガスカル産のバニラは、すぐれた風味と香りで高い人気があります。ラン科の仲間で唯一果実をつけるバニラは、メキシコのトトナカインディアンが15世紀前に最初に栽培したとされています。
起源
マダガスカル
トップへ