ベチバー

インド原産で香水に広く使われているベチバーの、素朴で土臭い香りは、感覚を穏やかに和らげてくれます。

昔から薬に使われてきたベチバーの精油は、インドやスリランカではよく「安静の油」といわれます。世界中で栽培され、香水業界でも使われるベチバーの甘く土臭い香りは、自信を吹き込み、活力レベルを向上させます。

特長
ベチバーには天然の冷却効果があり、吹き出物を予防します。また、防腐効果で皮膚を若返らせて健康的に見せます。バランス感覚を喚起するこの多年生の草は、自信を呼び覚まして内面の分別を向上させます。
ヒストリー
12世紀までにベチバーのハーブや精油は、多くの文化ですでに何千年も使われていました。高く伸びるこの多年草は、ブラインドやマットに編んだり、屋根ふき材にするなどして暑さを防ぐ目的にも使われています。
起源
中国
トップへ