イランイラン

熱帯の島で広く栽培される「花の中の花」は、辺りをエキゾチックな花の香りで満たすその匂いのエッセンスが称えられています。*有機栽培保証

濃厚な花の香りがロマンチックで気分を高めるとされ、イランイランはよく寝室に散らしたり、パーソナルケア用品に添えられたりします。

特長
昔からアロマテラピーで感覚を研ぎ澄ますために使われてきたイランイランは、不眠症や慢性疲労症候群に効き目のある天然の抗うつ薬とされています。そのエキゾチックな花もまた、天然の増毛効果やスキンケア効果があるとして好まれています。
ヒストリー
文字通り「花の中の花」と訳されるイランイランの原産地はフィリピンで、1860年に初めて精油に蒸留されたといわれています。インドネシアやマレーシアではよく、催淫作用があるとしてトロピカルなこの花が新婚カップルのベッドに散らされます。
起源
マダガスカル
トップへ